サトイモの種芋は、前シーズンの親芋を植えると収穫量が増大

親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果 種芋4

さとっちゃん菜園です。
サトイモは前シーズンの親芋を種芋にして植えると収穫量が増えます。

親芋を種芋として定植します

前シーズン(前年)の親芋を種芋として、定植します。
種芋は芽出しをしてから定植すると、腐ることが無く、発芽が早まります。
植付する穴は、芽の先端ではなく芋の上部が8cm位を埋める感じの深さに調整します。
芽出しの具体的な方法は、以下の記事で詳細に説明しています。

 

親芋は質量が600g前後なので、市販の種芋の10倍程になります。
かなり大きく生育する事を想定して、広めの株間0.6mで6個の親芋を配置しています。
サトイモ 里芋の種芋は親芋 加温して芽出し後に定植
土を被せます。
地温を上昇させるために、透明マルチを張って、植付は4月4日に完了です。サトイモ 里芋の種芋は親芋 加温して芽出し後に定植

6月1日です。かなり葉っぱが出ています。
サトイモ 里芋の種芋は親芋
7月4日です。土寄せを終えています。
土壌乾燥防止のために、ビニール製の『ワラの代わり』を畝に被せています。
親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果

 

収穫時期になりました

11月8日です。全部で6株植えており、葉っぱは枯れてしまいましたので、サトイモ収穫です。
親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果 種芋1

 

1株目と2株目の収穫

1株目と2株目の収穫は、別の記事で紹介してますので、以下のページを参照してください。

 

3株目の収穫

3株目(番号札#3)を堀り上げます。
親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果 種芋3

掘り上げると、株の直径は40cm超です。親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果 種芋3

株をばらした結果です。数えるのが面倒ですが、50個を超えています。
親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果 種芋3

新しい親芋になりそうな大きいサイズのものは3個あります。
これら3個は、次シーズンの種芋になる予定です。
親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果 種芋3

 

4株目の収穫

4株目(番号札#4)の収穫です。
畝の土を取り除き中です。
親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果 種芋4

掘り上げました。株の直径は30cm x 50cm位あります。親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果 種芋4

株を全部ばらして並べました。
親芋が6個(最上列)あります。親芋以外は40個程度あります。
親芋を種芋として植えたサトイモの収穫結果 種芋4

 

親芋を種芋にしたときの収穫結果

今回収穫した2株の収穫個数の結果は以下の通りです。
  番号札#3の株 約50個
  番号札#4の株 約40個
親芋を種芋にして植え付けたほうが、個数は圧倒的に多いです。

ホームセンターなどで購入した種芋の質量は60g前後です。
このような種芋では、ここまでの収穫個数は望めません。

今シーズンに植えた種芋は前シーズンの親芋です。
1個で600g前後だったので、収穫個数が増えたと思われます。

収穫個数は増えるものの、収穫サイズにばらつきが出やすいようなので、家庭菜園ならば大歓迎ですが、商業ベースでは不便かと思われます。

 

まとめ

親芋を種芋にして植えると、収穫個数が飛躍的に増大します。
今シーズンに収穫した親芋は次シーズンまで保管して、種芋として使いましょう。
そうすれば、種芋を春先に購入する必要はありません。

菜園とガーデニングの注目記事一覧へ

記事一覧へ

ホームに戻る

 

以上、『サトイモの種芋は、前シーズンの親芋を植えると収穫量が増大』でした。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。